総合トップへ
ホーム  >  平成28年熊本地震 関連情報 [ 災害関係 ]  >  益城町復興大使が決定しました!

平成28年熊本地震 関連情報

益城町復興大使が決定しました!

最終更新日[2017年3月30日]

 

3月30日、益城町役場の応接室で、4人の男女が「益城町復興大使」として任命されました。益城町復興大使は、平成28年10月から開催されている「益城町未来トーーク」で、若者たちから草案が生まれ、その後、町が提案を受けたことで設立されました。
任命式で西村町長は、「震災は全国どの自治体でも起こりうるものであり、町がたどるであろう今後の復興プロセスは、教訓として全国に発信すべきと考えます。また、復興を遂げていく姿を発信していくことは、これまでご支援いただいた皆様への恩返しになるのではと述べました。
以下、任命に際しての皆さんの言葉です。

 

今吉めぐみさん 益城町で生まれ育ち、18歳まで町で暮らしていました。益城の状況を広く伝えつつ、一緒に復興を支えてほしいと伝えていきたいと思います。   私の歩んできた人生のすべてを生かしながら益城の復興の力になれたらいいなと思っています。

 

三遊亭好吉さん わたくしにできることは落語だけですので、落語を通じて復興につながるような支援を精一杯していきたいと思います。

 

maaさん(sho__maa) 益城町が大好きです。益城町が首都になるのは難しいかもしれませんが、芸術の聖地になれるように私たちも頑張っていきたいと思います。

 

髙﨑裕士さん 和の力のすごさというのを伝えていきたいです。津軽三味線もって東北の被災地を勇気づけようとまわったときに、私自身が逆に被災地の方の笑顔に元気づけられました。益城町でもそんな笑顔を探したいです。


これから4組の復興大使と一緒に、益城町のPRを町も一体となって頑張っていきます。

 

 

 

復興大使

 


                 復興大使制度を提案した「MASHI絆」チームと。







アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。