総合トップへ
ホーム  >  平成28年熊本地震 関連情報 [ 災害関係 ]  >  住宅等建物の新築及び建替え工事に伴う埋蔵文化財の調査について【生涯学習課】

平成28年熊本地震 関連情報

住宅等建物の新築及び建替え工事に伴う埋蔵文化財の調査について【生涯学習課】

最終更新日[2016年9月16日]

 住宅等建物の新築及び建替え工事を予定されている場合、益城町教育委員会に設置されております『熊本県遺跡地図』により、事業予定地が周知の埋蔵文化財包蔵地(遺跡・古墳)の範囲内であるかを確認する必要があります。

 

 周知の埋蔵文化財包蔵地内における事業実施は、工事着手の60日前までに「文化財保護法第93条第1項」に基づく届出が必要となり、教育委員会による埋蔵文化財の有無を調べる確認調査を受けることとなります。
 なお埋蔵文化財の確認調査は、重機掘削による調査を基本とし、既存建物解体後の「更地」状態でのみ実施可能となります。

 現在、埋蔵文化財調査は大変混雑しておりますので、教育委員会へ早めのご相談をお願いいたします。

  

 

 埋蔵文化財発掘届出について

 埋蔵文化財発掘届出(申請書ダウンロード)

このページに関する
お問い合わせは
生涯学習課 生涯学習係
電話:096-286-3337
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。