総合トップへ
ホーム  >  平成28年熊本地震 関連情報 [ 住まい ]  >  災害公営住宅の整備に係る基本協定

平成28年熊本地震 関連情報

災害公営住宅の整備に係る基本協定

最終更新日[2017年10月5日]

 平成29年10月5日、町民の生活基盤となる安心して快適に暮らせる恒久的な住まいの確保実現を図ることを目的として益城町と熊本県及び益城町とUR都市機構との協力関係を確認する2つの基本的な協定を締結しました。

 

●熊本県    「熊本地震による災害公営住宅整備に係る技術支援等に関する協定」

●UR都市機構 「平成28年熊本地震における災害公営住宅の整備に係る基本協定」

 

 調印式の様子

熊本県土木部建築住宅局 清水局長(左)と西村町長(右)

熊本県

  添付資料 熊本県との協定書 新しいウィンドウで(PDF:386キロバイト)

  • 西村町長(左)とUR都市再生機構 西周九州支社長(右)
    UR都市再生機構
  • 添付資料 URとの協定書 新しいウィンドウで(PDF:545.2キロバイト)

  •  

     


     

     

    このページに関する
    お問い合わせは
    復興整備課 災害公営住宅係
    電話:096-289-2930
    新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
    アドビリーダーダウンロードボタン
    新しいウィンドウで表示
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。