総合トップへ
ホーム  >  防災情報  >  非常持ち出し品と非常備蓄品の準備を!

防災情報

非常持ち出し品と非常備蓄品の準備を!

最終更新日[2014年7月28日]

非常持出品

大きな地震が発生し、建物が損傷すると建物の強度が落ちて、小さな余震でも壊れやすくなり大変危険です。
また、火災が拡大したり、土砂災害の恐れがある場合など、生命に危険が及ぶような場合には、速やかに避難する必要があります。イザというときに備え、必要なものを持ち出せるように準備しておきましょう。

■準備のポイント
避難するとき、まず最初に持ち出すべきものです。あまり欲張らずに、重さの目安は男性で15キログラム、女性で10キログラム程度です。リュックサックなどに入れて、すぐ持ち出せる場所に置いておきましょう。

   貴重品・・・・・現金(公衆電話用10円硬貨も)、印鑑、証書類、健康保険証、身分を証明するものなど

 

   携帯ラジオ・・・予備電池を多めに用意

   懐中電灯・・・・できれば1人に1つ。予備電池も

   救急薬品・・・・治療常用薬、ばんそうこう、ガーゼ、包帯、胃腸薬、風邪薬、鎮痛剤、目薬、消毒薬など

   非常用食料等・・かんパン・缶詰など調理がいらない食べ物、ミネラルウォーター、水筒、割り箸、簡易食器や

           コップ、ナイフ、缶切り、栓抜きなど

   衣類・その他・・下着・上着・靴下などの衣類、ハンカチ、タオル、軍手、ビニールシート、ライター、生理用品、

           紙おむつなど

 

非常備蓄品

大地震により、水道や電力の供給が途絶したり、食料や日用品の流通が途絶するなど、生活する上で重大な支障が起こることがあります。また、避難生活が長期化した場合は、非常持出品の準備だけでは不足する場合があります。
救援物資等が本格的に支給されるまでには、災害発生から3日程度かかりますから、自活するために必要なものを準備しておきましょう。

■準備のポイント
非常備蓄品は、災害復旧までの数日間を自活するために準備しておくものです。最低でも3日分、できれば5日分を用意しましょう。

 

食料・・・・・米、缶詰ご飯・アルファ米等、インスタントラーメン、レトルト、フリーズドライ、缶詰、

       調味料など

・・・・・・飲料水「1人1日3リットル」:ポリタンクに、又はミネラルウォーターで生活用水「1人

       1日7リットル」:風呂、洗濯機、ポット、やかん等に確保を

燃料・・・・・カセットコンロ、固形燃料、七輪などがあれば薪・木炭・練炭など

その他・・・・毛布、なべ、やかん、バケツ、洗面用具、トイレットペーパー、ビニール袋、キッチン用ラ

       ップ(食器を覆って水節約、止血用など)、ビニールシート(雨よけ、敷物)、新聞紙(防

       寒、燃料)、ロープなど

このページに関する
お問い合わせは
総務課
電話:096-286-3111
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。