総合トップへ
ホーム  >  防災情報  >  風・水・土砂災害

防災情報

風・水・土砂災害

最終更新日[2014年2月5日]

家の風水害対策(屋外)

災害にまけないための積極低安全対策
台風や豪雨の到来は予測できるからと安易に考えてはいけません。
大雨や強風は私たちに何度も大きな災害をもたらいています。油断せず日頃から十分な対策を立てておきましょう。
  ・アンテナ支線の補強
  ・ブロック塀や石垣の崩れの補強
  ・屋根や看板などの安全点検
  ・雨戸や窓の補強、鉢、プランターの小物を取り込む。物干竿が飛ばされないようにする
  ・その他危険と思われるもの

家の風水害対策(屋内)

・停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオの準備を
・避難に備えて貴重品などの非常持ち出し品の準備を
・気象情報を注意深く聞く
・むやみに外出しない
・断水などの備えて、飲料水などを確保しておく
・浸水などの恐れがあるところでは、家財道具や食料品、衣類、寝具などの生活用品を高い場所へ移動
・高齢者や乳幼児、傷病者などを安全な場所へ

台風への備え

・台風は、強風・大雨・高潮を伴い大きな被害をもたらします。
・テレビ・ラジオなどの気象情報に注意して、十分な備えをしましょう。
・外出を控えましょう。
※風速が15m/秒程度の風で、看板が飛ばされることがあります。

土砂災害の前ぶれ

山くずれ・がけ崩れ
  ・小石がパラパラ落ちてくる
  ・がけから水が涌き出る
  ・がけからの水が濁る
  ・涌き水などが止まる
  ・斜面にひび割れ、くぼみができる
  ・がけから音がする
地すべり
  ・地面にひび割れができる
  ・山の木が傾いている
  ・涌き水などが濁る
  ・斜面から水が涌き出る
  ・陥没や隆起している
土石流
  ・山鳴りがする
  ・川の水が急に濁る
  ・川の水位が下がる
  ・土のにおいがする  
  ・川の上流から流木が流れてくる  
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。