総合トップへ
ホーム  >  防災情報  >  火事の予防と初期行動

防災情報

火事の予防と初期行動

最終更新日[2014年2月5日]

1.早く知らせる。

小さい火事でも1人で消そうとせずに、「火事だ」と大声を出し、周囲に知らせ119番通報を求めます。

2.早く消す。

火が出たら、小さいうちに消火活動を行います。水、消火器がない場合には、座布団などでたたくのも方法です。

3.早く逃げる。

火が天井まで広がったら、窓やドアを閉め、家族と声をかけ合って早目に避難しましょう。

注意!本当に怖いのは火よりも煙。

火が恐ろしいのは言うまでもありませんが、火災での死者の多くは煙で無くなっています。
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。