総合トップへ
ホーム  >  町政 [ マイナンバー制度 ]  >  マイナンバー制度について

町政

マイナンバー制度について

最終更新日[2015年8月21日]
 

マイナンバー制度とは?

マイナちゃん
 マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)は、複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)です。
 マイナンバーキャラクター
                                              マイナちゃん     

マイナンバーとは?

 一人一人が持つ12桁の個人番号のことです。住民票を有するすべての方に通知カードを送付することによって付番されます。

 マイナンバーは、番号が漏えいし不正に使われる恐れがある場合を除き、一生変更されることはありませんので大切に保管してください。

 また、マインナンバーを含んだ個人情報のことを特定個人情報といいます。特定個人情報の詳細はこちら


マイナンバー制度導入のメリット

 

 3メリット

 

今後のスケジュール

  • 平成27年10月から

マイナンバーを通知します。住民票の住所に通知カードが届きます。住民票の住所と異なるところにお住いの人は、お住まいの市町村へ住民票の異動をお願いします。

東日本大震災による被災者、DV・ストーカー行為等・児童虐待等の被害者、一人暮らしで長期間医療機関・施設に入院・入所されている方こちらもご覧ください。

  • 平成28年1月から

社会保障、税、災害対策の行政手続きでマイナンバーが必要になります。申請者により、個人番号カードが無償で交付されます。

 

マイナンバー制度に関するお問い合わせ

 コールセンター


内閣府 マイナンバー制度ホームページ
内閣官房バナー

その他リンク先はこちら

 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。