総合トップへ
ホーム  >  暮らし・手続き [ 税・保険・年金 ]  >  【重要】益城町国民健康保険の医療機関窓口における一部負担金免除措置の延長について

暮らし・手続き

【重要】益城町国民健康保険の医療機関窓口における一部負担金免除措置の延長について

最終更新日[2017年3月1日]

 この度の地震により被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

 さて、熊本地震により住家が全半壊するなど一定の要件を満たす場合は、平成28年10月から一部負担金免除証明書を保険証とともに医療機関の窓口で提示することにより、一部負担金が免除されております。

 この一部負担金の免除措置は、これまで平成29年2月28日までとされておりましたが、この度、益城町国民健康保険の一部負担金免除措置を平成29年9月30日まで延長することとなりました。

 つきましては、すでに益城町国保にご加入で、一部負担金免除証明書をお持ちの世帯は、3月上旬までに役場から新たな一部負担金免除証明書が送付されますので、平成29年9月30日まで、新たな一部負担金免除証明書をお使いください。

 なお、3月1日以降、「新たな一部負担金免除証明書」が届くまでの間に医療機関を受診される場合は、従来の「有効期間が2月末日までの一部負担金免除証明書」を医療機関の窓口でご提示いただくこととなりますが、誠にお手数ですが、医療機関の窓口で次の(1)・(2)について医療機関側へお伝えいただきますようお願いいたします。

(1)町から新たな一部負担金免除証明書が届いていないこと。

(2)医療機関から益城町国民健康保険の一部負担金免除期間延長の確認を次の方法により行っていただきたいこと。

   益城町役場ホームページでの確認

【益城町役場ホームページ】⇒【暮らし・手続き】⇒【税・保険・年金】⇒【国民健康保険】

   益城町役場住民保険課保険年金係【電話番号096-286-3113(直通)】に対する電話確認

 

※新たな一部負担金免除証明書がお手元に届きましたら、「有効期間が2月末日までの一部負担金免除証明書」を各自処分してください。

※新たな免除証明書の使用方法については、これまでのものと何ら変更はありません。保険証とともに医療機関へご提示ください。

※3月以降、益城町国民健康保険に新規加入される世帯の方は、国保加入手続き時に免除申請を受け付けいたしますので、り災証明書(半壊以上)と世帯主様の認印をお持ちください。

※3月中旬になっても、新たな一部負担金免除証明書がお手元に届かない場合は、お手数ですが下記までご連絡ください。

※社会保険にご加入中の方については、それぞれの保険者(保険証の発行元)へおたずねください。

 

●国保世帯の方への通知文

 

 

 

添付資料 医療機関等向けチラシ 新しいウィンドウで(PDF:114.5キロバイト) 

        •  

           

          このページに関する
          お問い合わせは
          住民保険課 保険年金係
          電話:096-286-3113(直通)
          新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
          アドビリーダーダウンロードボタン
          新しいウィンドウで表示
          ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
          PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。