総合トップへ
ホーム  >  暮らし・手続き [ 税・保険・年金 ]  >  国保の医療機関窓口における熊本地震の被災者に係る「一部負担金免除措置」を終了します。

暮らし・手続き

国保の医療機関窓口における熊本地震の被災者に係る「一部負担金免除措置」を終了します。

最終更新日[2017年8月10日]
 
 

 ○熊本地震の被災者に係る国民健康保険「一部負担金免除措置」の終了について

サンプル

 現在、益城町国保加入者の医療機関窓口における一部負担金(医療費)は、住家が全半壊するなど一定の要件を満たす場合、「一部負担金免除証明書」をご利用いただくことで無料となっております

 町では、熊本地震によって被災を受けた国保世帯の負担軽減を図るため、国からの特例的な財政支援を受けて一部負担金免除に取り組んできたところですが、本年10月以降については、その財政支援が打ち切られる予定となっております。

 このため、平成29年9月30日をもって、

「一部負担金免除措置」は終了しますので、

平成29年10月以降は、医療機関窓口における一部負担金の支払いが必要となります

 被災された世帯におかれましては、それぞれの生活再建に向けて取り組んでおられる中、一部負担金の免除措置が終了しますのは、町としても誠に心苦しいところではございますが、町全体が震災からの復興に取り組んでいる状況で、財政運営上やむを得ないことになりますので、何とぞご理解を賜りたいと存じます。

 


 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
住民保険課 保険年金係
電話:096-286-3113
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。