総合トップへ
ホーム  >  暮らし・手続き [ 税・保険・年金 ]  >  個人住民税特別徴収の全県的推進について

暮らし・手続き

個人住民税特別徴収の全県的推進について

最終更新日[2014年5月12日]

熊本県及び県内市町村は、平成25年から特別徴収対象事業者の全指定を実施しています

○ 個人住民税の「特別徴収」とは
 事業者の方が所得税(国税)の源泉徴収と同様に、毎月従業員に支払う給与から個人住民税(町県民税)を徴収(天引き)し、各市町村に納付する制度です。
 毎月の納税額は事前に市町村が計算して通知しますので、事業所は所得税のように税額計算を行う必要がありません。

○ 個人住民税特別徴収の対象事業者
 所得税(国税)の源泉徴収を行う事業者の方は、原則として個人住民税(町県民税)の特別徴収義務者になります。

※上益城郡内の5町(益城町を含む)は平成24年度(平成23年中所得)個人住民税から特別徴収対象事業所の全指定を実施しています。
 趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますようよろしくお願いします。
 

詳しくは、熊本県のホームページをご覧ください。

http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/11/tokucyou1.html

 

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。