総合トップへ
ホーム  >  暮らし・手続き [ 税・保険・年金 ]  >  【重要】益城町の後期高齢者医療の医療機関窓口における一部負担金免除措置の延長について

暮らし・手続き

【重要】益城町の後期高齢者医療の医療機関窓口における一部負担金免除措置の延長について

最終更新日[2017年3月6日]

この度の地震により被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。

 さて、熊本地震により住家が全半壊するなど一定の要件を満たす場合は、平成28年10月から一部負担金免除証明書を保険証とともに医療機関の窓口で提示することにより、一部負担金が免除されておりました。

 この一部負担金の免除措置は、これまで平成29年2月28日までとされておりましたが、この度、益城町の後期高齢者医療加入者の一部負担金免除措置が平成29年9月30日まで延長されることとなりました。

 つきましては、現在、後期高齢者医療にご加入されている方で、すでに一部負担金免除証明書をお持ちの場合は、平成29年9月30日まで「これまでお使いいただいている一部負担金免除証明書」をそのままお使いいただくことができます。

新しい一部負担金免除証明書は、送付されてきませんので、3月になり、有効期限が切れても、古い免除証明書をそのままお使いください。

 皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 ※ 後日、熊本県後期高齢者広域連合から免除期間の延長に関するお知らせ文書が届きます。

このお知らせは、免除期間延長を後期高齢者医療ご加入者様へお伝えする文書になりますが、新たな一部負担金免除証明書が同封されているわけではありません。あくまで、免除期間が延長された旨と、これまでお使いの免除証明書の有効期間(有効期限)「平成29年2月28日」を「平成29年9月30日」に読み替えてお使いいただくことが記されている文書になります。

※この「一部負担金免除証明書読み替え使用」のことは、熊本県から医療機関等へ情報発信されることとなっております。

※3月以降、後期高齢者医療に新規加入される方は、後期高齢者医療用の免除申請を受け付けいたしますので、り災証明書(半壊以上)と認印を益城町住民保険課保険年金係の窓口へお持ちください(個別にご案内いたします。)


 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
住民保険課 保険年金係
電話:096-286-3113
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。