総合トップへ
ホーム  >  暮らし・手続き [ 税・保険・年金 ]  >  70歳以上の方の国民健康保険高額療養費の自己負担額が見直されます!

暮らし・手続き

70歳以上の方の国民健康保険高額療養費の自己負担額が見直されます!

最終更新日[2017年4月12日]

 国民健康保険制度の安定化を図るため、高額療養費の算定基準額が8月から一部見直されます。

区分

1か月の自己負担限度額(※1)

見直しの

有無

7月まで

8月から

現役並み

所得者

外来

(個人単位)

44,400円

57,600円

有:負担増

外来+入院

(世帯単位)

(医療費総額-267,000円)×1%

+80,100円(※2)

一般

外来

(個人単位)

12,000円

14,000円

(※3)

有:負担増

外来+入院

(世帯単位)

44,400円

57,600円

(※4)

有:負担増

住民税非課税世帯

区分Ⅱ

外来

(個人単位)

 8,000円

外来+入院

(世帯単位)

24,600円

区分Ⅰ

外来

(個人単位)

 8,000円

外来+入院

(世帯単位)

15,000円

※1 月の途中で75歳の誕生日を迎えることにより加入する方(障害認定で加入する方を除く)は、加入した月の自己負担限度額が1/2に調整されます。

※2 多数該当(過去12か月に3回以上世帯単位における高額療養費の支給に該当し、4回目以降の支給に該当)の場合の自己負担限度額は44,400円です。

※3 1年間(8月1日から翌年7月31日まで)の外来の自己負担額合計の限度額は144,000円となります。

※4 一般区分においても多数該当(※2)が設定されます。

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
住民保険課 保険年金係
電話:096-286-3113
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。