総合トップへ

福祉・健康

身体障がい者手帳

最終更新日[2015年12月28日]

身体障がい者手帳は,身体障がい者福祉法に基づき,法の別表に掲げる障害程度に該当すると認定された方に対して交付されるものであり,各種の福祉サービスを受けるために必要となるものです。

 

身体障がい者手帳は,身体障がい者障害程度等級表により,1級から6級までの区分が設けられています。手帳の交付対象となる障がいの範囲は下記一覧のとおりです。 

 

 手帳の交付対象となる障がい一覧
 
 ●視覚障害 ●聴覚障害 ●平衡機能障害 ●音声、言語機能障害 ●そしゃく機能障害 ●肢体不自由 ●心臓機能障害 ●じん臓機能障害 ●呼吸器機能障害 ●ぼうこう・直腸機能機能障害 ●小腸機能障害 ●免疫機能障害 ●肝臓機能障害

 

 

身体障がい者手帳の交付を受けるには

申請に必要なものは,次のとおりです。
 ・添付資料 身体障がい者手帳交付・再交付申請書 新しいウィンドウで(ワード:42.5キロバイト)
 ・身体障がい者診断書・意見書※指定医師が作成したもの。
 ・本人の写真(よこ3cm×たて4cm)
 ・本人の印かん

 ・平成28年1月1日より申請書に個人番号の記載が必要になりました。

 
 

交付申請の流れ

交付申請の流れ

申請を受け付けてから,通常1か月程度で身体障がい者手帳が交付されます。ただし,提出していただいた身体障がい者診断書・意見書の内容に疑義がある場合には指定医師への照会等で日数がかかることがあります。

 
 
【身体障がい者手帳交付後の諸手続きについて】

手帳交付後の諸手続きには,次のものが必要になります。

 

 等級変更・障害追加による再交付

 ・添付資料 身体障がい者手帳交付・再交付申請書 新しいウィンドウで(ワード:45キロバイト)


 ・身体障がい者診断書・意見書※指定医師が作成したもの。
 ・本人の写真(よこ3cm×たて4cm)
 ・身体障がい者手帳
 ・本人の印かん 

 ・平成28年1月1日より申請書に個人番号の記載が必要になりました。

紛失・破損による再交付

 ・添付資料 身体障がい者手帳交付・再交付申請書 新しいウィンドウで(ワード:45キロバイト
 ・本人の写真(よこ3cm×たて4cm)

 ・破損した身体障がい者手帳
 ・本人の印鑑 

 ・平成28年1月1日より申請書に個人番号の記載が必要になりました。

居住地変更・転入(他の道府県の手帳をお持ちの場合も含む

 ・添付資料 身体障がい者手帳(変更・返還)届書 新しいウィンドウで(ワード:37.5キロバイト)

 ・身体障がい者手帳 

 ・平成28年1月1日より申請書に個人番号の記載が必要になりました。

死亡・その他の理由による手帳の返還

 ・添付資料 身体障がい者手帳(変更・返還)届書 新しいウィンドウで(ワード:48キロバイト)

 

 ・身体障がい者手帳 (窓口で回収します)

障害程度の再認定について

手帳を交付する際に,将来障害程度に変化が予想される場合は,熊本県知事が,再認定の期日(手帳交付時から1年以上5年以内)を指定し,その方に,その期日までに身体障がい者診断書・意見書を再度提出してもらい,障害程度を改めて診査することになります。

手続きは身体障がい者手帳の再交付申請と同じです。先に交付した手帳と引換えに,新しい手帳が交付されることになります。

 ◎各種様式は、熊本県障がい保健福祉ホームページからもダウンロードできます。



新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。