総合トップへ
ホーム  >  子育て・教育 [ 助成・相談 ]  >  児童手当

子育て・教育

児童手当

最終更新日[2017年10月26日]
 

児童手当とは

父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とした制度です。

 

支給対象

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を監護・養育している方

※児童福祉施設等に入所の場合は施設設置者が受給者となります。

 

支給額

 児童の年齢 1人当たり月額 
 3歳未満  一律15,000円
 3歳以上小学校終了前

 10,000円

(第3子以降は15,000円)

 中学生  一律10,000円

 ※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降を

 いいます。

 ※児童を扶養している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円が支給されます。

 

所得制限限度額

 扶養親族等の数

所得制限限度額(万円) 

収入額の目安(万円) 

 0人

622.0 

833.3 

 1人

660.0

875.6

 2人

698.0

917.8

 3人

736.0

960.0

 4人

774.0

1002.1

 5人

812.0

1042.1

 ※収入額の目安は、給与収入のみで計算しています。

 

支給時期

2月、6月、10月にそれぞれの前4か月分が支給されます。

 

手続きの方法

○認定請求

お子さんが生まれたり、他の市区町村から転入したときは、申請が必要です。

認定を受ければ、原則として、申請した月の翌月分の手当から支給されます。

公務員の方は勤務先に申請してください。公務員でなくなったときは町への申請が必要です。

※出生日や転入日が月末に近い場合、該当日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給されます。

【申請に必要な書類】

・認印(スタンプ式不可)

・受給者の健康保険証など(コピー可)

・受給者名義の金融機関の口座番号がわかるもの(通帳またはキャッシュカード)

※平成29年1月1日現在の住民登録が 益城町になかった方は、住所があった市区町村で発行された平成29年度所得課税証明書が必要です。

※児童と別居している場合は、児童と同じ世帯全員分の住民票が必要です。

※その他の書類が必要な場合があります。

○額改定請求書

第2子以降の出生等により養育するお子さんが増えた場合は、該当日の翌日から15日以内に申請が必要です。

○受給事由消滅届

転出される方、離婚その他の理由でお子さんを養育しなくなった方は届出が必要です。

※その他町内での住所変更や氏名に変更があった場合なども届出が必要です。

 

現況届

児童手当の受給者は、毎年6月中に現況届の提出が必要です。6月初めに書類を送付しますので、必ず期限内に提出してください。提出がない場合は、6月分以降の手当の支給が差止になりますのでご注意ください。

 

 

このページに関する
お問い合わせは
こども未来課
電話:096-286-3117
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。