総合トップへ
ホーム  >  町政 [ 役場からのお知らせ ]  >  平成28年熊本地震 益城町による対応の検証報告書

町政

平成28年熊本地震 益城町による対応の検証報告書

最終更新日[2017年12月1日]

平成28年4月14日午後9時26分と16日午前1時25分の二度にわたり、震度7の激しい地震が益城町を襲い、多くのかけがえのない命や、大切な財産が奪われました。

あらためて、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、被災された多くの皆様に心よりお見舞い申し上げます。

発災以降、震度6以上の余震が5回、震度1以上の全余震発生回数は4,200回を超え、避難者数は、最大で1万6千人に及びました。また、全半壊約6,200棟、一部損壊を含めますと98%を超える住家が被害を受けており、今でも多くの方が、仮設住宅等での不自由な暮らしを余儀なくされています。さらに、道路や、上下水道等のライフライン、役場庁舎、総合体育館等多くの公共施設も甚大な被害を受けました。

震災から1年半が経過しました。この間、全国からの温かいご支援や励ましの言葉、そして、ボランティアやNPO団体、国、県、全国の自治体職員の応援を頂きながら、復興を進めて参りました。今後は、震災前より災害に強いまち、安心・安全なまちをつくることが、これまでご支援いただいた皆様への恩返しになるものと考えております。

復興に向けて、長い道のりとなりますが、町民の皆様が一日も早く安心して暮らせるよう全力で取り組んでまいります。

この度、発災から、平成28年12月までの約8か月の間の応急対応についての、検証報告書を作成しました。この検証結果を次の災害対応に活かし、本町の防災体制の充実を図るとともに、この検証報告書が、全国の自治体や、防災関係機関等で活用され、防災力の向上に役立てていただければ幸いに存じます。

 

                                益城町長 西村 博則

 

       

          

         





           

         


         

         

         

         

        このページに関する
        お問い合わせは
        危機管理課
        電話:096-286-3210
        新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
        アドビリーダーダウンロードボタン
        新しいウィンドウで表示
        ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
        PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。