益城町総合トップへ

新庁舎建設事業のこれまでの歩みを報告します

最終更新日:
 

新庁舎建設事業のこれまでの歩みを報告します


新庁舎建設事業の歩み

 町では、平成28年熊本地震にて、被災し、再建が不能になった庁舎について、平成28年(2016年)10月から新庁舎建設事業に取り組んでいます。
 町民の皆様に令和2年(2020年)9月までの新庁舎建設事業の内容をお知らせします。
新庁舎鳥観図
新庁舎イメージ鳥観図(南側から望む)

年月日

出来事

備考

平成28年

(2016年)

4月14日

   16日

熊本地震(前震・本震)発生

観測史上初めて2度の震度7の地震被害を受け、庁舎が利用できなくなりました。

9月28日

旧庁舎の「被災度区分判定」を実施

「建物全体の復旧には、基礎(杭)の復旧が大きく影響し、かなり困難を伴う」と判定を受けました。

10月6日

上記判定結果を基に「庁舎を建て替えること」を決定

 

12月

「新庁舎建設検討委員会」を組織

(平成30年2月まで、全7回の会議を開催)

新庁舎の建設場所と機能に関し、諮問(建設に係る検討)を行いました。

平成29年

(2017年)

1月31日

「新庁舎建設検討委員会」から建設場所に関し、答申

新庁舎を建設する位置については、「現庁舎を含む周辺地域」が望ましいとの答申を受けました。

8月~9月

「益城町新庁舎建設に関するアンケート」実施

無作為抽出した18歳以上の町民2,000人に行いました。

(回収:1,002票)

12月

旧庁舎の解体に着手

 

平成30年

(2018年)

1月~2月

基本計画(案)への意見公募

(パブリックコメント)実施

37件の意見が出されました。

3月23日

「新庁舎建設検討委員会」から新庁舎の機能に関し、答申

【答申内容(概要)】

(1)新庁舎の機能

・多様化する町民ニーズや行政サービスに適切に対応する機能が求められること。

・防災拠点として災害に強い庁舎づくりを目指すこと。

(2)新庁舎の規模

・概ね7,000平方メートルを基本とすること。

※詳細は、「新庁舎建設検討委員会」別ウィンドウで開きますをご覧ください。

3月30日

益城町新庁舎建設基本構想・基本計画を策定

7月31日

旧庁舎解体完了

旧庁舎解体工事が完了しました別ウィンドウで開きます

12月19日

益城町新庁舎基本・実施設計業務に着手

公募型プロポーザルにて、設計業者を選定別ウィンドウで開きます

平成31年/令和元年

(2019年)

2月23日

第1回「新庁舎建設に伴う町民ワークショップ」開催

第1回町民ワークショップを開催しました別ウィンドウで開きます

3月16日

第2回「新庁舎建設に伴う町民ワークショップ」開催

第2回町民ワークショップを開催しました別ウィンドウで開きます

11月~12月

基本設計(案)への意見公募(パブリックコメント)実施

12件の意見が出されました。

パブリックコメント結果を報告します別ウィンドウで開きます

令和2年

(2020年)

2月5日

益城町新庁舎建設基本設計を策定

益城町新庁舎建設基本設計を策定しました別ウィンドウで開きます

9月23日

益城町新庁舎建設実施設計を策定

 新庁舎の設計が全て完了しました別ウィンドウで開きます

 



このページに関する
お問い合わせは
(ID:4185)
益城町

〒861-2295  熊本県上益城郡益城町大字木山594  
Tel:096-286-3111   Fax:096-286-4523  

[開庁時間] 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)

益城町マップ
Copyrights(c)2018 Town Mashiki All Rights Reserved