益城町総合トップへ

風雲山重福寺阿弥陀石仏<飯野地区・砥川>

最終更新日:

 12世紀か13世紀初め頃の鎌倉時代に開基されたとされる。安山岩に彫りだされた像高149cmの阿弥陀如来の坐像は、背面に宝治2(1248)年銘があり、鎌倉時代中期に造られたものである。石仏の石肌が年々剥げ落ちるという伝説から「更衣の弥陀」と呼ばれる。また、堂外にある寛喜2(1230)年銘の四方仏が彫られた層塔残欠は、県内最古級の石造物である。

 

 風雲山重福寺阿弥陀石仏


このページに関する
お問い合わせは
(ID:126)
益城町

〒861-2295  熊本県上益城郡益城町大字木山594  
Tel:096-286-3111   Fax:096-286-4523  

[開庁時間] 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)

益城町マップ
Copyrights(c)2018 Town Mashiki All Rights Reserved