益城町総合トップへ

布田川断層帯(谷川)

最終更新日:
 

布田川断層帯(谷川)

断層(たにごう) 
断層(たにごう)【写真提供:広島大学名誉教授 中田高氏】 

布田川断層帯(谷川・たにごう)

平成28年に起こった熊本地震の際に表出した地震断層の一つ。

この谷川(たにごう)地区では、同一視点より「V字型」に表れた「共役断層」という、国内でも珍しい断層が存在します。この断層は、地形の変位が顕著であるため学術的な価値付けがなされ、有識者をはじめ多くの方々が来られています。

北東−南西方向の断層は長さ約35m、これに対して交差する北西−南東方向の断層は、長さ約40mの部分を見学することができます。断層の真上にあった納屋は倒壊こそ免れたものの、断層の動きに伴って傾いており、断層の動きがどのように建物に影響を与えたのかを視覚的に感じることができます。

晴れた日には、島原半島(雲仙普賢岳)を望むことができ『別府−島原地溝』や阿蘇火山群と布田川断層帯との関わりを見ることができます。


 この布田川断層帯は、2018年2月に国の天然記念物に指定されました。現在は、共役断層を保存し、教育旅行や視察の受け入れを行い、地震の記憶を伝えています。


 現在、納屋と石垣・ブロック塀の補強、冠水対策等の整備工事ため、当面の間、谷川地区の見学を中止しております。ご不便をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いします。




 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:3369)
益城町

〒861-2295  熊本県上益城郡益城町大字木山594  
Tel:096-286-3111   Fax:096-286-4523  

[開庁時間] 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)

益城町マップ
Copyrights(c)2018 Town Mashiki All Rights Reserved