益城町総合トップへ

布田川断層帯(杉堂)

最終更新日:
断層(杉堂)
 

布田川断層帯(杉堂)

平成28年に起こった熊本地震の際に表出した断層の一つ。

杉堂地区にある潮井神社の本殿前には、長さ4メートル、落差70センチの断層が現れました。

この場所は、布田川断層帯の真上にあたるため甚大な被害が出ました。

 

目の前には、潮井水源という湧き水のでる場所もあり、震災前には水汲みに来る人も見られましたが

地震直後は断層により、一時は水が出ないということもありました。

現在では、水が湧くようになりましたが、いまだに飲める状態には復旧していません。

 

布田川断層帯は、2017年11月に国の天然記念物に指定されました。

現在は、断層や社殿を保存し、地震の記憶を伝えています。




このページに関する
お問い合わせは
(ID:3375)
益城町

〒861-2295  熊本県上益城郡益城町大字木山594  
Tel:096-286-3111   Fax:096-286-4523  

[開庁時間] 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)

益城町マップ
Copyrights(c)2018 Town Mashiki All Rights Reserved