益城町総合トップへ

ジェネリック医薬品の利用促進にご協力をお願いします!

最終更新日:

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、最初に開発・製造された新薬(先発医薬品)の特許期間終了後に、有効成分、用法・用量、効能及び効果が同じ医薬品として、厚生労働省の認可のもと、医薬品メーカーが製造・販売する新薬より安価な医薬品のことです。


 

ジェネリック医薬品を使用することで

現在、国民医療費の増加が大きな問題となっており、国民健康保険の医療費も増加の一途をたどっています。
この医療費のうち、3割は薬剤費と言われており、もしジェネリック医薬品に変更可能な薬をすべて置き換えることができたら、国全体で約1兆円もの節減ができると推定されています。
私たちの健康と安心を支える国民皆保険制度を支えるために、ジェネリック医薬品の積極的な利用にご協力をお願いします。

 

 

家計にやさしいジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、新薬に比べ安価となっていますので、国民健康保険の医療費が節減できるだけではなく、加入者の皆様にとっても医療費の「節約」になります。

特に、持病を抱えておられる人などでは、継続的にお薬を服用するケースが少なくありません。この場合、ジェネリック医薬品へ切り替えることで、家計の負担も和らげることができます。ご家庭の医療費を節減することによって、保険税の値上げも抑制する効果があります。

 
 

ジェネリック医薬品を希望するときは

ジェネリック医薬品を希望するときは、まず医師に相談をして、その選択や使用法については薬剤師と相談してください。すべての医薬品にジェネリック医薬品が存在するわけではなく、治療内容によってはジェネリック医薬品が適さない場合もあります。
なお、直接話しにくい場合は、ご自身の保険証を「ジェネリック医薬品でお願いします」と書かれている保険証ケースに入れて、医療機関窓口に提示してください。
 ※ジェネリック医薬品希望ケースは、事前に希望しない旨を連絡している方以外全員に、国民健康保険証の更新時に送付しています。なお、健康保険課窓口でも
  配布しています。

 

ご注意ください

すべてのお薬にジェネリック医薬品があるとは限りません。また、調剤する病院や薬局で取り扱っていない場合があります。

ジェネリック医薬品の切り替えにより、薬自体の価格は下がっても、自己負担額があまり変わらない場合もあります。

 

外部リンク

ジェネリック医薬品の使用促進について(厚生労働省)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

ジェネリック医薬品に関するQ&A(厚生労働省)別ウィンドウで開きます(外部リンク)


使用しているお薬にジェネリック医薬品があるかどうかは下記のサイトから検索できます。

かんじゃさんの薬箱

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:670)
益城町

〒861-2295  熊本県上益城郡益城町大字木山594  
Tel:096-286-3111   Fax:096-286-4523  

[開庁時間] 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)

益城町マップ
Copyrights(c)2018 Town Mashiki All Rights Reserved