益城町総合トップへ

医療費を一旦全額(10割)支払ったときは 「療養費制度」をご利用ください

最終更新日:

療養費制度とは

 次のいずれかのケースで医療費を全額自己負担した場合、「役場住民保険課保険年金係」での申請により、医療費(審査で認められた金額)から自己負担額を差し引いた金額の払い戻しを受けられます。

 なお、益城町国民健康保険以外の保険証をお持ちの場合は、その発行元(保険者)へお問い合わせください。

 
 

療養費に該当するケースと手続きに必要なもの(持参するもの)

 該当するケース 手続きに必要なもの(持参するもの)
緊急その他やむを得ない理由により、保険証の提示なしに医療機関等を受診したとき
 

  • 不慮の事故や急な病気などで、保険証を持たずに医療機関を受診した。
  • 社会保険資格喪失後、国保への切り替え前に医療機関を受診した。

  • 国民健康保険被保険者証
  • 世帯主の印鑑(スタンプ式不可)
  • 世帯主の口座情報がわかるもの(通帳など)
  • 領収書
  • 診療報酬明細書(レセプト)※受診された医療機関等に「レセプトが欲しい」とご依頼ください。
 医師の指示により、コルセットなどの治療用装具を作製・購入したとき
 

療養費の対象となるもの

 医師が治療上必要と認めるもので、医師の指示により義肢装具士が製作したもの(小児弱視等治療用眼鏡、弾性着衣等も含む)

  • 関節用装具、コルセット
  • 小児(9歳未満)の弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用眼鏡、コンタクトレンズほか

 

療養費の対象とならないもの

 日常生活や職業上必要とされるもの、美容を目的としたもの

  • 歩行補助杖
  • 補聴器
  • 人工肛門受便器  ほか

  • 国民健康保険被保険者証
  • 世帯主の印鑑(スタンプ式不可)
  • 世帯主の口座情報がわかるもの(通帳など)
  • 医師による「意見および装具装着証明書」
  • 装具の領収書
 海外渡航中にやむを得ず診療を受けたとき別ウィンドウで開きます
  • 治療目的の海外渡航の場合は対象外です。
  • 美容整形や歯列矯正など、保険外・自由診療にあたるものは対象外です。
  • 日本で同様の診療(保険診療)を受けた場合の医療費と、海外の医療機関等で実際に支払った費用の安い方から、自己負担相当額を差し引いた金額が払い戻されます。
  • 国民健康保険被保険者証
  • 世帯主の印鑑(スタンプ式不可)
  • 世帯主の口座情報が分かるもの(通帳など)
  • 入出国日を確認できるパスポート
  • 診療の内容が分かる診療明細書および日本語の翻訳文
  • 領収書および日本語の翻訳文
 手術などで、医師が必要と認めて生血を輸血したとき

  • 親、兄弟姉妹、親族等からの輸血は対象外です。

  • 国民健康保険被保険者証
  • 世帯主の印鑑(スタンプ式不可)
  • 世帯主の口座情報が分かるもの(通帳など)
  • 医師の診断書もしくは意見書
  • 輸血用生血液受領証明書
  • 血液提供者の領収書 

 


療養費の支給時期 ほか

  • 療養費の支給(払い戻し)時期は、[治療用装具]に係るものについては、申請した月から1~2か月後の月末を、[治療用装具]に係るもの以外については、申請した月から2~3か月後の月末を予定しています。(ただし、審査に時間を要したり、月末より早く支給する場合がありますので、ご了承ください。)
  • 国民健康保険税の滞納がある場合は、療養費の支給額を滞納税額へ充当させていただきます。
  • 療養費は、治療用装具の代金など費用を支払った日の翌日から起算して2年を経過すると、時効のため申請できません。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:664)
益城町

〒861-2295  熊本県上益城郡益城町大字木山594  
Tel:096-286-3111   Fax:096-286-4523  

[開庁時間] 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)

益城町マップ
Copyrights(c)2018 Town Mashiki All Rights Reserved