益城町総合トップへ

益城町にぎわい活性化補助金を募集しています!

最終更新日:

益城町にぎわい活性化補助金を募集しています!

趣旨

 平成28年熊本地震から4年が経過しました。この間、益城町内では、震災後多くの任意団体が結成され、復興を目的としたさまざまな取り組みが行われてきました。これらの取組や活動は、町の新たな名物として今後の発展が期待され、町も熊本地震からの創造的復興であるにぎわいづくりの一助としてとらえ支援していきます。本制度は、益城町のにぎわいづくりを主たる目的とした取組及び活動をする法人・個人・団体に対して、町が補助するものです。

 

 

事業の概要

 にぎわい活性化補助 概要(ファイル:163.7キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

補助対象事業

(1)にぎわい活性化事業

  • 補助対象者自らが主催し、益城町内で実施する事業であること。
  • 町のにぎわいづくり に寄与する事業で、特定の受益者を対象としない事業であること。
  • 単なる物品販売や営利を目的とする事業でないこと。

(2)展示会等出展参加PR事業

  • 県外で開催される広く一般に公開された、販路拡大を目的として行う展示会・見本市等への参加であること。

(3)特産品開発事業

  • 益城町の農産物等を主要な材料として使用し、開発及び改良した持ち帰り可能な特産品を製品化し、商品として町内外で販売すること。
  • 販売に際して、益城町特産品ロゴマークをパッケージ内に付与すること。
  • 開発した特産品を益城町ふるさと納税返礼品へ登録すること。

 

対象者の要件

(1)にぎわい活性化事業

  1. 益城町のにぎわいづくりに資する活動を行う個人、法人又は団体であること。
  2. 定款、規約、規則等の組織の運営に関する定めを有していること。(個人を除く)
  3. 補助金の交付にかかわらず、3年以上活動を継続できる団体であること。
  4. 町税を滞納していないこと。
  5. 申請しようとする事業において、この要綱に定める補助金以外の公的な支援を国、県等から受けていないこと。
  6. 補助金に係る活動の透明性及びその活動周知のため、活動内容等の公表に賛同できる団体であること。

(2)展示会等出展参加PR事業

  1. 町内に本社又は主たる事業所若しくは工場を有する法人又は町内の個人事業主であること。
  2. 町税を滞納していないこと。
  3. 申請しようとする事業において、この要綱に定める補助金以外の公的な支援を国、県等から受けていないこと。
  4. 補助金に係る活動の透明性及びその活動周知のため、活動内容等の公表に賛同できる団体であること。

(3)特産品開発事業

  1. 次のいずれかに該当すること。(1)町内に本社又は主たる事業所若しくは工場を有する法人・町内に住所を有する個人・町内に住所を有する個人により組織された団体(2)益城町農産物を主な原材料として新たな特産品を開発する町外の法人・個人若しくは個人により組織された団体
  2. 対象者が町内に住所を有する場合、町税を滞納していないこと。
  3. 許認可等が必要な業種にあっては、許認可等を取得していること、又は見込みがあること。
  4. 補助事業を完了できると認められる事業実績があること。
  5. 申請しようとする事業において、この要綱に定める補助金以外の公的な支援を国、県等から受けていないこと。
  6. 補助金に係る活動の透明性及びその活動周知のため、活動内容等の公表に賛同できる団体であること。

 

ただし、以下の項目に該当する団体は対象外とします

  1. 未成年者又は未成年者のみで構成される団体
  2. 政治活動及び宗教活動を目的とする者又は団体
  3. 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号 。以下「法」という。)第2条第2号に規定する暴力団)及
    び暴力団員(法第2条第6号に規定する暴力団員)を構成員に含む団体並びに次に掲げる暴力団又は暴力団員と密接な関係を有する団体    (ア)暴力団員が事業主又は役員に就任している団体
    (イ)暴力団員が実質的に運営している団体                                          
    (ウ)暴力団員であることを知りながら、その者を雇用し又は使用している団体
    (エ)暴力団又は暴力団員に対して経済上の利益又は便宜を供与している団体                                                                             
    (オ)暴力団又は暴力団員と社会的に非難される関係を有している団体
  4. その他町長が不適当と認める団体 
 

補助金対象の要件

  • 補助対象事業の期間は 、令和3年(2021年)3月31日までとする。
 

補助金額

(1)にぎわい活性化事業

補助金交付経費の2分の1以内で、上限100万円

 

(2)展示会等出展参加PR事業

補助金交付経費の2分の1以内で、(国内)上限20万円 (国外)上限40万円
 
(3)特産品開発事業
補助金交付経費の2分の1以内で、上限50万円
 

募集期限

令和3年(2021年)2月26日(金曜日)まで随時募集

※ただし、予算に限りがありますので事前に申請可能か電話等でご確認ください。

 

特別加点

下記の事業に該当する場合、採点評価時に特別加点いたします。

 

(1)にぎわい活性化事業

  • サンジ像を活用した事業(ただし、権利等の許認可や確認等は対象者が行うこと)
  • 町内の既存団体や事業者と共同で行う事業
  • これまでに3年以上継続しており、周年事業等の理由で事業費を拡大した事業
  • 新型コロナウイルス感染症の影響で、売上げが減少している複数の事業者の売上げ向上に資する事業

 (2)展示会等出展参加PR事業

  • 自社のPRに合わせて、益城町のPRを行うもの 
(3)特産品開発事業
  • 複数の事業者による共同開発
(4)全事業共通
  • 新型コロナウイルス感染症の影響で、売上げが減少した事業者が行う事業
 

提出書類

申請時

全事業共通の交付申請書・事業計画書・収支予算書に各事業で必要な添付書類を添えて提出してください。

 

全事業共通

 交付申請書(ワード:20.4キロバイト) 別ウインドウで開きます

 事業計画書(ワード:19.4キロバイト) 別ウインドウで開きます

 収支予算書(ワード:19.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

【添付書類】

 

(1)にぎわい活性化事業

  • 団体の定款・規約・規則等
  •  
  • (2)展示会等出展参加PR事業

    • 町内に事業所を有することを証明する書類(法人は履歴事項全部証明書の写し等、個人は住民票の写し等)
    • 展示会の概要や出展小間料等の金額が分かる書類(展示会等のパンフレット、出展申込書の写し、使用賃借契約書の写し等)
    • 出品予定の商品・製品のカタログ等の資料
    • 企業概要が分かる資料(企業パンフレット等)
  •  
  • (3)特産品開発事業

    • 企業・事業者・組織概要がわかる資料(企業パンフレット等)
    • これまでの事業実績が分かる書類
     

    事業内容等変更時

    事業内容や経費に変更が生じた場合は、変更申請書を提出してください。

     収支予算書(ワード:19.5キロバイト) 別ウインドウで開きます  

     

     

    事業完了時

    事業が完了したら、実績報告を行ってください。その際、事業報告書には写真等を添付するなどして、実施状況が分かるように工夫してください。

     

     

    交付確定後

    実績報告を提出後、交付確定が通知されたら請求書を提出してください。

     

    その他

    交付決定後、事業が完了するまでに経費が不足し、町長が必要と認める場合には、交付決定額の10分の8を限度として補助金を前もって受け取ることができます。必要な場合は、以下の書類を提出してください。


     

    その他

    詳細な内容につきましては、下記の交付要綱をご確認ください。


     



     


     



    このページに関する
    お問い合わせは
    (ID:3862)
    益城町

    〒861-2295  熊本県上益城郡益城町大字木山594  
    Tel:096-286-3111   Fax:096-286-4523  

    [開庁時間] 月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)

    益城町マップ
    Copyrights(c)2018 Town Mashiki All Rights Reserved